侏儒の言葉

人生を幸福にするためには、日常の瑣事を愛さねばならぬ。

雲りの光り・竹の戦ぎ、群雀の声、行人の顔――あらゆる日常の瑣事の中に無上の甘露味を感じなければならぬ。人生を幸福にするためには?

――しかし、瑣事を愛するものは瑣事のために苦しまなければならぬ。

庭前の古池に飛び込んだ蛙は百年の愁を破ったであろう。

が、古池を飛び出した蛙は百年の愁を与えたかもしれない。いや、芭蕉の一生は享楽の一生であるとともに、誰の目にも受苦の一生である。

われわれも微妙に楽しむためには、やはり微妙に苦しまなければならぬ。

人生を幸福にするためには、日常の瑣事に苦しまなければならぬ。

曇りの光り、竹の戦ぎ、群雀の声、行人の顔――あらゆる日常の瑣事の中に墜地獄の苦痛を感字なければならぬ。

网友评论6

  1. 0楼
    paradise:

    确实是芥川……google到了……

    2007-05-07 10:45 下午 [回复]
  2. 0楼
    alvin:

    不知道,早上翻手头的日语小册子看到的,很喜欢这么一段,就用键盘敲进来来了。

    庭前の古池に飛び込んだ蛙は百年の愁(しゅう)を破ったであろう。
    跃入庭前古池的蛙已经打破了百年的哀愁了吧?
    が、古池を飛び出した蛙は百年の愁を与えたかもしれない。
    但也许,跃出古池的蛙反而背负了百年的哀愁吧。

    2007-05-07 10:33 下午 [回复]
  3. 0楼
    paradise:

    这个……莫非是芥川龙之介写的?

    2007-05-07 10:24 下午 [回复]
  4. 0楼
    luna:

    日语一缸。。。。欺负人。。。

    2007-05-07 6:54 下午 [回复]
  5. 0楼
    则肇:

    虽然看不懂日语,但还是可以评论一下。
    出现了好多“琐事”喔……6次
    还有是不是提到了松尾芭蕉呢?

    2007-05-07 5:24 下午 [回复]
  6. 0楼
    Ran:

    すごいですね~~~

    2007-05-07 5:16 下午 [回复]

网友评论6

发表评论

表情
还能输入210个字